首都圏反原発連合の七夕国会前抗議2017/07/08

「10年後の、今月今夜のこの月を…」
7月7日は七夕、一年に一度の牽牛と織女の出逢いの日。その日は金曜で、恒例の首都圏反原発連合の国会前集会もにぎやかです。わたしもスピーチすることになりました。いつもアドリブで話をするとどうも長くなりがちで主催者を困らせます。そこで今回は原稿を用意して読み上げることにしました。以下に掲載します。
---------------------------------------------------------

 3・11以来考えました。津波の跡、福島にできたゾーンを見ながら、核技術とは何なのかと。結論は早くに出ました。核技術は、われわれの生活圏である自然界の基礎構造を壊す技術、科学技術の粋と言われながら、人間どころか、生命とは両立不可能なものだと。

 それを軍事ではなく、社会生活のベース(エネルギー源)として持ち込むためには、初めからフェイク・ニュースを必要としたということも。なぜなら核技術は自然界に決壊を引き起こして放射能を誘発しますが、その収拾はできないのです。それを「安全」ということがすでにフェイクです。原発が事故を起こす前に、核爆発そのものが人為的な事故であって、その事故で自然が封じ込めていた災厄を解放する、それが核技術の真実です。

 富を競い合い、ときに戦争もする世界の体制のなかでは、核エネルギーは桁違いの元手になります。だからどんな手段を使っても富を独占しようとする人たちは、フェイクで真実を押し隠し、PRで人びとを踊らせながら、核利用を推進しようとします。

 まともな為政者のいる国々では、科学的にも、経済的にも、また道義的にも、核依存は割に合わないし未来がないと判断し、まだ引き返せると考えて撤退を決めています。その中で日本だけが、止まっていた原発を再稼働し、核技術の輸出さえしようとしています。ヒロシマ・フクシマを経験し、核の実験場となった日本だけがです。

 その日本の、舵取りをする政府はどうなっているのか?フクシマのダメージから立ち直ると称して虚勢の「国力」を頼み、世界の「平和」を確保するために敷かれた「戦後レジーム」を、「岩盤規制」であるかのようにやり玉に挙げて廃棄しようとし、「国民が喜んで戦争のために身を捧げる」そんな国家を作ろうとしています。

 それは誰のための理想なのでしょうか?もちろん国民のためではありません。国民は競って悪条件のもとで働かせ、仮想の敵との戦争に備えさせる。進んで言うことを聞けば許されるが、反抗すれば共謀罪。それは一握りの特権者たちのための「楽園」にすぎません。彼らは権力を私物化して国の富を自分たちの食い物にし、未開人の酋長よろしく仲間内で勝手に気ままにやりたい放題をやる。森友・加計学園問題で露呈したのは、「美しい国」などと言って国家への奉仕を要求する連中こそが、そんな夜郎自大だということです。原発も、そんな連中が国の隷属体制を作るために社会に埋め込む地雷のようなものです。

 原発はまやかしの技術性と経済性で、国の経済・社会のあり方を根本から歪めます。そして、社会に嘘を蔓延させ、その嘘を維持するために真実を押し込め、まともな考えや、物言う人びとを押し潰すことなしに存続できません。

 だからこそ、原発をなくすことは社会のあり方を根本から変えることになるのです。富よりも人間が大事にされ、生きることの豊かさが養われ、この「文明化」されたはずの社会の健やかさが作り直される、そんな未来への約束の道です。

 首都圏反原発連合は、広範な人びとの思いを声にし、五年間に渡って途絶えることなくこの国会前に場を確保し、その道を開くべく活動を続けてきました。ここに挙がる声は、雲を貫いて空に、未来に開けています。この五年間に日本の政治は逆行の嵐に呑み込まれ、それでもますます多くの人びとがそれぞれのやり方でその濁流に立ち向かっています。その運動の軸に、いつもこの反原連の集会があったことをあらためて確認しましょう。そして、その未来が今日になるまで、ここに立ち続けようではありませんか。

コメント

トラックバック