いわゆる「アベノバンカー脱出失敗」映像について2017/11/12

(2017/11/12 FB投稿の転載です。)

 年に一度の会合でいまフランスにいる。あちこちから人が来るが、今回ほど日本人であることに居心地悪い思いがしたことはない。

 まず、北朝鮮の核ミサイル開発はまったく防衛的なもので、日本やアメリカへの攻撃を意図したものではない。攻撃は即、北朝鮮自体の破滅だからだ。

 トランプも、一人ならやりかねないが、アメリカを背負っていると、口で言うほどバカなことはできない。だから危機を煽りながらこの時期にアジア歴訪して、やったのは日本と韓国に莫大な武器を買わせ、中国との間には超大規模な商談を成立させるということ。「北朝鮮危機」など、それを成り立たせるためのお膳立てでしかない。このやり方で、どうだ、とばかりトランプは、アメリカ自身を満足させ、国内でくすぶるロシア・ゲート問題を吹き飛ばす。たしかにすご腕だ。

 そして、首尾よくすんだら、今度は金正恩とも友だちになりたい、などと涼しい顔でツイートする。

 キタチョウセン、キタチョウセンと、Jアラートを鳴らし、アメリカの「超圧力方針」と完全に一致(日米同盟がこれほど強固になったことはない?)などと言挙げした安倍首相はどうするのか。「親密な関係」を演出とかでミサイルごっこならぬゴルフごっこを仕立てたが、この有り様。

 こんなビデオを広めて人のぶざまさを嗤いたくはないが、これが「わが国の首相」であり、この一コマは現在の日本の姿、とりわけ日米関係をあからさまに象徴しているといわざるをえない。われわをはそれを認識する必要がある。だが、この姿を隠すことも含めて、日本の「危機」を国内の「空気」の繭に閉じ込め、そこで権力をほしいままにすることだけがこの人物のねらいであるようだ(森友・加計問題、元TBS記者犯罪もみ消し問題、改憲問題etc.)。

 「改憲」論議もその域を出ない。自分があらゆる課題を活用して権力の座にあり続け、首相最長不倒記録を作るというさもしい狙いの道具立てでしかない。世界の現状や、その中での日本の位置どりや、さまざまな困難の中でのこの国の行く末を真面目に考えることなど、この人物にとっては関心外。日本がこういう人物を首相にしているということ、それたそが今日の日本の最大の問題だということを、つくづく感じさせられる異国の秋だ。