佐川喚問の後、ほとぼりが…?もうやめてくれ!2018/04/02

 佐川喚問の後、ほとぼりを冷ましながら「外交で支持率回復」?といった声も聞こえる。ほんとうか?(FBに挙げたものをこちらにも掲載)

 ほんとに酷い話ばかりで呆れるしかない。
 「ウソアベアソウ」という回文もあるとか。こういう下劣な人間が集まって権力をとり(もちろんそれを担ぐ連中がいる)、働く者や弱者を絞り上げる一方で、後先考えずに札束刷って財界を儲けさせ、それを批判する勢力はネトウヨを使って嫌がらせ、挙句に選挙で腐れウヨクの議員を増やし、権力行使でカルト発言、マスコミ攪乱、あちこち恫喝でゲスな圧力。目ざすは改憲または緊急事態だ。これさえあれば合法独裁できるから。

 しかしその内実は、たんに「オレたちが殿さま」の情実政治。一時代早かったのでポスト真実(ウソ・デマ社会)に間に合わず、主流になれなかった石原ジジイも、森友なんかよりもっと大事な国事が…と言うが、戦争をしてはいけない時代に戦争準備態勢とは、たんに権力集中を正当化してやりたい放題できる状態を作ること、つまり森友加計で露見したことがその実態だ。

 権力強化は、戦争するよりむしろこっちが狙い目。官僚に文書は破棄させ、メディアには寿司を食わせて、司直にも手回し、これが「強い政権」のカラクリだ。要するに政治の私物化・国事の私物化、その口実が「お国のため」。「国民のための政治」なんて言わせてはおけない、国民は国に奉仕すべき、そう言って国家(権力)は自分たちのものにすればいい、と思い込んでいるのが現代のウヨクだ。

 中国・北朝鮮の分断敵視もそのため。グローバル化以来世界の状況は大きく変わっている。もう米ロの時代ではない。にもかかわらず、単純な「強いニッポン」幻想に閉じこもり、あわよくば国をガレー船状態(奴隷国民が漕ぐ軍船)にして乗り回そうとする。

 だがその実態は、「アメリカ様」(宮武外骨)への貢ぎ・抱きつきの国売りだ。アメリカの庇護の下でないと自分らの権力は維持できない。戦後のウヨクはみなアメリカの岡っ引き。だから被爆国なのに、倒錯的に核戦略までしっかりやってくれとおねだりする。

 そうこうするうちに、日本はもはや世界の三等国に成り下がってしまったのが実情だ。もはや国民は豊かでもなく、自由でもなく、国際的にはまったく信頼・信用もない。国内は社会分断・教育破壊で技術も産業も未来も真っ暗、それでもいまの政権は、オリンピックまでもたせればいいと思っている。それがアベアソウ政権6年(それ以上?)の実態ではないか。「もうやめてくれ」が民の切実な声、いや悲鳴。

コメント

トラックバック