2020年の念頭に、トランプの暴挙2020/01/08

★長い間慣習で新年のあいさつをしてきましたが、もうさすがに「おめでとう」とはとても言えなくなった2020年の年明けです。途中で令和元年と塗り替えられた2019年は去ったのか、株価の吊上げと同様、オリンピック機運を虚飾で盛り上げて問題を全部押し退けているが、それが終わるとこの国はどうなってしまうのか?今だけ金だけ自分だけで「後は野となれ山となれ」政権の長期君臨が遺す後の事態を誰が引き受けることになるのか?そして来年は3.11大災害から10年目(世界では9.11後20年)、思うだにとても厳しい年になりそうです…。

 そんな挨拶をしたところ、年頭からトランプの暴挙のニュースが飛び込んできた。これについては語るべきことは尽きないが、FaceBook に挙げた最初の走り書きをこちらにも掲載しておきたい。
 
★イランが戦争態勢に入れば、全世界でアメリカ人が標的になる。戦争と言っても、イランは大西洋上に軍を展開して攻撃ヘリでトランプを奇襲することなどできないからだ(アメリカはいつも相手を「大国」と言うが、せいぜい核ミサイルにカラシニコフだ。)。

 アメリカ選手団や観光客が大挙してやってくる東京オリンピックは格好の標的になる。1972年のミュンヘン・オリンピックが思い出される。「黒い九月」旅団によるイスラエル選手団襲撃事件だ。日本がほんとうにオリンピックを無事すませたいなら、ただちに米イランの仲介に動くべきだろう(ローハニ大統領が訪日したばかりだ)。中東に自衛隊など送っている場合ではない。

 安倍政権にはとてもそんなことはできないだろうが、いま日本がやるべきはそういうことだ。トランプに「理解を示し」たりすれば、いくら「テロ対策」をしてもオリンピックはできない。原発処理をごまかしている上に、アメリカの巻き添えになるオリンピックには参加できない、とする国々もあるだろう。

 「平和の祭典オリンピックを巻き込むな」というのは空しい。アメリカはそんなことにお構いなく、強大な軍事力をかざして、強盗まがいのやり方で世界を望むがままにコントロールしようとするからだ。

* 去年6月ボルトンを抑えたトランプが今回強硬に出たのは選挙のため、つまり国内向けだろう(戦争になると支持率が上がる)。だが、国内を向いて虚勢を示しても、これで背中につく火は消し難い。世界はみんなアベ(トランプのためなら何でもする)ではないのだ。国連事務総長は「世界は新たな湾岸戦争に耐えきれない」とコメント。イスラエルの動きに注目。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック