コロナを吹き飛ばす厳しい野分の季節2020/09/01

(さすがに政権が変わるというので、何か書き留めておきたいと思ったが、何が意味ある形で変わるのかわからず、まとまらない。それでも走り書きでFBに上げた一文をこちらにも。)

 安倍のような人物がこの国の首相でなくなる日を見たい(いくら何でも――太田元理財局長の忘れられない一言――こんなのが首相ではいけない)と思ってきたが、それが「辞める」という日が来ても一向に気持ちが晴れない。何かが好転する兆しもないからだ。

責任感覚がからっきしない(モリカケ桜、居直りか逃げで、すべて手下を使って首相を守らせる)、法や憲法に従う気持ちはさらにない(「わたしが立法府の長」「みっともない憲法」「けちって火炎瓶」)、ただ「世界の真ん中で輝きたい」だけ、その安倍(とても敬称などつけられない)が、疑惑まみれでコロナ対策でも大ドジして、もうさすがに国会も開けない(ようやく閉じて逃げた)からにっちもさっちもいかなくなっただけなのに、病気を理由に辞めると言う。

 それを若い女性議員が鋭く突くと、たちまち「炎上」、この史上類のない(だから最長)不誠実な権力者を擁護するツイートが湧いて出て(みんな安倍が好きなんだ)、女性議員がネットで袋叩きに遭うのだそうだ。木村ハナちゃんみたい。

 そんな風潮を尻目に、自民党ではメディアを引っ張りながら後継者選び。日銀に札束無制限に刷らせて株価を挙げて円安にし、企業だけ儲けさせてフェイク経済で国民だます一方で、「暴君トランプ」に媚びへつらい、アメリカには何でも貢ぎ武器も爆買い、改造空母に乗ってご満悦、ニヤケ顔の裏でずっと抗議を続ける沖縄を踏みつぶし、朝鮮・韓国ヘイトを煽って戦争ごっこ、「民の要求は踏みつぶし、強者に媚びる」その安倍政治を「権力者は裁かれない」の鉄面皮の壁で守り通し、みずからも陰湿に権勢を振るった「悪代官」がつなぎ首相だと!他にいないのだ。7年半で毒が回りきっている。

 つまり安倍の「レガシー」は日本の政治と社会をすでに抜きがたく浸している。気が晴れるわけがない。今日、沖縄に猛威を振るう台風の、すぐそのあとで別の猛烈な台風がすでに本土をうかがっているという。