声明「辺野古基地建設の即時中止を要請する」2015/04/03

4月1日、これは冗談ではなく、「普天間・辺野古問題を考える会」(代表:宮本憲一)で緊急声明「辺野古米軍基地建設に向けた埋め立て工事の即時中止を要請する!」を出し、参議院議員会館で記者発表を行いました。

いつも、沖縄に関するこの種の会見は集まりがよいとは言えませんが、やはり安倍政権下で国の軍事化が進むいまは関心が高いようで、60人ばかりのメディア関係者が集まりました。会見の模様は、琉球新報、東京新聞、赤旗、そして今回は朝日も写真入りで報じました。

しかし、テレビは来ておらず、ウェブ・メディアのIWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)とにこにこ動画は会見を同時配信をしてくれました。IWJのサイトでは、記者発表の冒頭(声明の読み上げ)が公開されており、会員登録すれば約1時間半の全容を見ることができます。

「声明」は日本政府に送付されましたが、賛同署名を追加提出するため、以下のサイトで賛同を募っています。そこに「声明」の全文が掲載されています。よろしくご協力ください。http://chn.ge/1aiGN6r

 今日のFacebookに上げた文言を貼り付けておきます。

「安倍・菅政府は「正月のうまい餅」のために沖縄を売り渡した仲井真前知事の側近を外務省参与に取り込むという手に出た。沖縄人を使って沖縄の反抗を潰そうとする、昔からの謀略や植民地支配の手口だ。菅たちの認める沖縄とは、仲井真などに代表される「最後はカネでしょう」で済ませる沖縄であり、翁長知事を選んで支持するような沖縄ではないのだ。

いままた政府は、嘉手納以南の小基地返還をエサに切り崩しを図ろうとしている。県民の民意を背にした翁長知事にとって、これからますます厳しい闘いが続く。何とかこれを本土から少しでも支えたい。」

 昨日から始まった「緊急声明」に対する賛同署名は1日ですでに3500人を超えました。さらにこの環を広げてゆきたいと考えています。第一次〆切は4月20日です。拡散、賛同によろしくご協力ください。

関連サイトは以下です。
・琉球新報:http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241343-storytopic-271.html
・朝日新聞デジタル:http://www.asahi.com/articles/ASH415GMYH41UTIL020.html
・しんぶん赤旗:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-02/2015040201_03_1.html
・IWJ(動画):http://iwj.co.jp/wj/open/archives/241133

雑誌対談3つ2015/02/17

 この間、またブログの更新ができませんでしたが、サボったりスネたりしているわけではありません。日本の転機ともなるだろう年の初めの慌ただしさのなかで行った対談が――実際には年末から――いくつか発表されたのでご紹介させていただきます。

 
■現代思想3月臨時増刊「宇沢弘文、人間のための経済」
 宮本憲一との対談「公害の時代を生きて」

 去年11月に亡くなった宇沢さんの特集号で、環境経済学の泰斗宮本憲一さんと対談する機会をえた。実はわたしは宇沢さんと直にお会いしたのは遅く、2009年に民主党政権下で沖縄の普天間基地の「県外移設」が初めて論じられながら、その方針そのものが強烈なバッシングにあって後退しかけていた頃、この状況を座視できないとして知識人・研究者の「声明」をまとめようとしたときのことだった。宇沢さんはそのとき、沖縄の基地問題に道筋をつけることを最後の仕事にしようという意気込みだった。

 また、その会の座長として声明をまとめたのが宮本憲一さんだった。『恐るべき公害』(岩波新書、1964年)で「公害」の意識を日本に広めた宮本さんは、沖縄にも関わりが深く、弟子筋の川瀬光義さんと『沖縄論――平和・環境・自治の島へ』(岩波書店、2000年)という本をまとめている。わたしはそれを通して初めて宮本さんの環境経済学と沖縄との深い結びつきを知ることになった。宮本さんは地方自治に関しても著作だけでなく実質的なお仕事もされているが、その「自治」というのが単なる地方行政のことではなく、まさに経済を経由する地域の「自立」の問題であることを早くから説いていた。

 今回の対談では、都留重人さんや宇沢さんの生きた時代のコンテクストを、宮本さんの立場から語ってもらうことで、戦後の日本社会への経済学の介入に立体的な見透しつけるよう努めた。ほとんどは宮本さんの独壇場だが、さまざまなエピソードも交えながらじつに理路整然と経済・環境・自治について語っていただいた。

 
■世界3月号 「この道しかないはずはない!」中野晃一との対談。

 安倍政権下での選挙と政策について、立憲デモクラシーの会で活躍する上智大学の中野晃一さんとの対談。暮れの選挙でまた明らかになった「政治のネオリベ化」や、経済的なネオリベラリズムと日本の「国家保守主義」との組み合わせによる日本社会の病理の分析、そして欧米における「単一思考」を日本に持ち込んだ「この道しかない」のキャッチフレーズによるオルタナティヴの排除等、日本の政治の現状を、主としてヨーロッパの歴史的状況を参照しながら議論した。わたしは大したことは言えなかったが、気鋭の研究者中野さんからかなり見透しのよい分析を引き出しせたことで任は果たせたと思う。

 
■現代思想3月臨時増刊号「シャルリ・エブド襲撃/イスラム国人質事件の衝撃」

 2月下旬刊行予定のこの緊急増刊号で、現中東学会会長(千葉大教授)の栗田禎子さんと対談した。わたしが主としてシャルリ・エブド事件について、栗田さんは中東情勢とイスラーム国について発言し、双方の見解をすり合わせたが、これはかなり密度の濃い対談になったと思うのでぜひ読んでいただきたい。約20ページある。

 「私はシャルリー」を標語に街頭に出た370万のフランス人について、少し希望的な方に傾きすぎたような気もするが(多様性共存への要請だと)、フランス社会の亀裂や分断は深く、そこにしか出口はないということだ。それはEUの中心国では多かれ少なかれ共通しているし、日本にもパラレルな状況がある。

 移民問題のつけとネオリベ政策による社会解体、それに加えてヨーロッパではいつも背後でイスラエル問題がからんでいる。日本にはそれはないはずだったが、安倍首相は好き好んでこのファクターをもちこんでしまった。
 
 2月10日前後に、外大のときの最後の学生の博士論文審査に参加するため一週間ばかりフランスに行った。事件の余波のなかでいろいろ考えさせられたが、それについてはまた別の機会に。

立憲デモクラシーの会、閣議決定抗議大講演会2014/06/30

 短い投稿ですが、急遽。

 7月1日と伝えられる「集団的自衛権容認」の「閣議決定」と前後しますが、7月4日(金)午後6時から、学習院大学で立憲デモクラシーの会の公開講演会が行われます。
 前半は、日本近代政治史の重鎮・三谷太一郎さんの講演「なぜ日本に立憲主義が導入されたのか:その歴史的起源についての考察」に、歴史学・戦争史の加藤陽子さんが応対します。
 後半は、軍事評論家の前田哲郎さんの講演「集団的自衛権をめぐる国会論戦を振り返って」に、若手憲法学の木村草人さんが対応します。
 憲法変更を閣議決定で行うという「無法内閣」の歴史的暴挙を糾弾する集会です。詳細は以下のサイトに記載されています。ぜひご参加ください。
http://constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/

『アフター・フクシマ・クロニクル』刊行のお知らせ2014/06/16

 新刊を紹介させていただく。『アフター・フクシマ・クロニクル』(ぷねうま舎)だ。2011年3月11日の出来事から数か月間、日々の状況に寄り添いながら、あるいは視野を広げてこの出来事の意味を考えて書いてきたものを、雑誌『世界』や『現代思想』に発表した論文を軸にまとめた。6月20日の発売になるはずだ。


 あのとき、多くの人たちが日本は変わらなければならないという強い思いを語っていた。あれから三年余の時が経ち、たしかに日本はいま大きく変わろうとしている。だがそれは、3年前に予想された「転換への要請」をことごとく、それも手荒にひっくり返すような逆方向への転換だ。

 東北の被災の光景と原発事故の衝撃は、少なからぬ人びとに「敗戦」を思い出させた。まさにそれは日本の「戦後復興」とその後の「繁栄」と「安定」を問い直させる出来事だった。だがそれが、「戦後レジームからの脱却」にレールを敷くことになってしまった。

 敗戦後の日本で多くの人びとが、二度と戦争はすまいと思い、戦争をしないことで国内を建て直し、戦争をしない国として世界にその地位を築いてきたはずの日本が、戦争が「できない」ことを「屈辱」と感じ、戦争をする「ふつうの国」に成り下がるために、憲法を内閣の「解釈」だけで空文にしようとする政府をもつに至ったのだ。

 この政府は札束のドーピングでむりやり「景気」を演出し、そうして国民の期待を引き寄せながら、対外的緊張を強調して国の権力強化と軍事化に血道を上げている。それによって被災地はなおざりにされ、福島のいまも続く事故処理や放射能汚染は忘れられるばかりか、帰還を望む住民をタテに、すべてを隠して「もう大丈夫」と言わせる圧力さえ作り出している。

 原発事故に関して、ずさんな管理が暴かれた事業主の東電や、原発推進で利権を得ていた政治家も御用学者も、その責任はいっさい問われることがなかったが、その連中がまたぞろ表舞台に舞い戻って原発推進のハンドルを握る光景は、アジア太平洋戦争の敗戦の責任が国内ではまったく問われず、そのためにその末裔たちが父祖の「屈辱」を晴らしに舞い戻ってくる、という現在の政治の光景に重なっている。

 3・11の3年後の光景がこうだとは、予想もできなかった最悪の事態である。そのなかで、ただ、大飯原発の停止を命じた福井地裁の判決だけがわずかに光明をともしている。3年前の出来事のなかで何が考えられたのか、何が要請されているとみなされたのか、これからますますそのことが忘却され排除されてゆこうとするこの時期に、それをもう一度確かめておくことは意味のないことではないと考え、この本を編むことにした。

 内容は以下の通りである。
 
序章  未来はどこにあるのか?
第一章 文明の最前線から
第二章 アフター・フクシマ・クロニクル
第三章 核技術のゆくえ
第四章 地震に破られた時間、または手触りのある未来
終章  ここにある未来――J.-P.デュピュイとの対話

 手にとってご一読いただければ幸いです。



言論工房 fushino_hito 開設のごあいさつ2014/05/01

 店開きのご挨拶をさせていただきます。

 2010年4月から大学のサーバーを使って「西谷修―Global Studies Laboratory」というブログを開いていましたが、この3月末で14年間勤めた東京外国語大学を退職し(定年延長1年)、4月から立教大学・文学研究科に特任教授として勤めることになりましたので、これまでのブログを停止し、新たにこのブログを開くことにいたしました。

 あまり使い方には通じていませんが、これまで通り、なかば自分の覚え書きとして、なかば公開のために、都合のつく限り折にふれて投稿してゆこうと思っています。

 GSLブログは「時事的なコメント、関連企画のお知らせ、その他西谷の仕事に関連する公開用ノートなどを、雑誌のコラム感覚(?)で公表しています」というふれ込みでしたが、これは基本的には変わりません。「コラム感覚」というと違う、とご指摘をいただいたこともありますが、要は、公開する以上、あまり長くない枠内で、要点を明確に示しておくよう努める、といった含みです。とりわけ、読んでいただく方々に、読ませてご迷惑になることのないよう心がけております。

 3月いっぱいあちこち動いて忙しく過ごし(最後は福島視察)、4月は新学期の始まりと、研究室の主な荷物である書籍の整理処分と引っ越し等でバタバタする中、日仏学院での日仏翻訳シンポジウム、立憲デモクラシーの会の創設会見やシンポジウム、そして「沖縄の問いにどう応えるか」のシンポジウムと、関係するイヴェントが立て続けにあり、このブログ移転が最後になってしまいました。

 「言論工房」というのは、「思想」ないしは「思考」、あるいは「哲学」でも「言説」でもよかったのですが、あえて一般的な手垢のついた表現を、「言葉で論じる」という文字どおりの意味で用いたいと考え、そのための「工房」をめざすということです。また、「Fushino_hito」というのは…(…どうやらこの箇所のデータが消えてしまったようです…、GSLの方を参照していただければ幸いです)…、元気のあるかぎりやって行こうと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

 最初の記事は、GSLブログの最後の記事(「二つのシンポジウム報告」)を再掲させていただきます。